レイクとレディースレイクの違いは?

レイクとレディースレイクの違いは何?

レイクとレディースレイクの違いは?

イメージ

レイクには女性向けのレディースレイクがありますが、通常のレイクとサービス内容は全く同じです。

 

女性向けと聞くと女性にお得なサービスがあるのではないかと思ってしまいますが、女性にお得なカードローンというわけではありません。

 

だとしたら、違いはどこかというと、レディースレイクには女性専用のフリーダイヤルがあり、対応スタッフがすべて女性ということだけです。

 

お金の悩みは女性も男性も変わりませんが、女性は男性以上にお金を借りるということに抵抗がある方が多いと思います。スタッフが男性だと本当に聞きたいことも聞きにくいですよね。

 

レディースレイクに電話をかけると対応してくれる方はすべて女性ですし、申し込みがはじめてで不安な方や小さな疑問にも分かりやすく説明をしてくれます。

 

女性だからといって優遇されるわけではありませんが、男性の対応や相談する事に不安な方でも安心して利用できるのが嬉しいですね。

 

レディースレイクは女性が無理なく安心してキャッシングを利用するためのサービスです。

 

レディースレイクはあくまで電話窓口ですので申し込み、金利、限度額、無利息サービスといった点は通常のレイクと違いはありません。

 

申し込み後の手続きも同じですが、在籍確認や審査結果の連絡は女性が対応してくれます。

 

レディースレイクは誰におすすめ?

レディースレイクとレイクの違いが、女性スタッフが対応するかどうかだけなので、レディースレイクがおすすめという方は非常に限られます。

 

レディースレイクは、借りる上での不安を女性に相談したい方、電話で申し込みたいけど男性とは話したくない方、在籍確認の連絡は女性からして欲しい方におすすめです。

 

働いている環境によって違いますが、圧倒的に女性からの電話が多い職場では、男性より女性からの電話の方が良いという方もいるのではないでしょうか。

 

レディースレイクは女性スタッフが在籍確認も担当しますので周囲に怪しまれる事がありませんので安心です。

 

レディースレイクは、女性スタッフに相談したい方におすすめです。今、女性も消費者金融の利用が増えていますから、女性が申し込みしやすいようにHPも女性向けになっています。

 

 

レディースレイクの申し込み方法や審査は?

レディースレイクの審査や申し込みは通常のレイクと違いはありません。女性がレディースレイクから申し込んだとしても審査基準が甘いということはありません。

 

申し込みできるのは、正社員、契約社員、派遣社員、自営業者、パートやアルバイト、主婦、学生の安定した収入がある満20歳〜70歳以下の方です。

 

専業主婦でも、安定した収入のある配偶者がいる方なら申し込みすることができます。

 

申し込みや書類の提出方法は、パソコン・スマホ・アプリ・携帯電話などのインターネット、自動契約機、電話、郵送から選べます。

 

インターネットからだと家にいながら全ての手続きが完結できるのでおすすめです。

 

レディースレイクで必要な書類は本人確認書類です。本人確認書類は、運転免許証、パスポート、健康保険証、マイナンバーカードのどれか1つが必要です。

 

他にも審査状況に応じて収入証明書が必要になります。

 

レディースレイクの審査時間は通常のレイクと同じで、最短30分のスピード審査です。

 

パソコンやスマホからのネット申し込みなら、誰にも会わずに契約ができますし、すぐに審査結果の確認ができます。土日や祝日でも審査ができるので便利ですよね。

 

 

レイクとレディースレイク金利の違いは?

レディースレイクは通常のレイクと同じで、はじめての方に限り一定期間の利息が無料になるお得な無利息ローンというサービスがあります。5万円までなら180日間、5万円以上なら30日間の2つの無利息ローンが受けられます。

 

無利息期間はうれしいサービスですが、その後は金利がかかるので注意が必要です。

 

レディースレイクは銀行なのに最高金利が消費者金融と同じ年18%となっています。審査の内容なども考慮すると主婦、専業主婦の方でも利用しやすいカードローンだと思います。

新生銀行レディースレイクの借入れ条件は?

データ