レディースレイクのメリットとデメリットは?

レディースレイクのメリット・デメリットを教えて!

イメージ
レディースレイクのメリットとは?

レイクやレディースレイクの一番のメリットは、銀行カードローンということです。

 

そのため、総量規制の制約は受けません。

 

この点が、消費者金融カードローンと大きく異なる点です。

 

次に、銀行カードローンには珍しく「金利無料期間」があることです。

 

初回の利用者に限定のサービスですが、「30日間金利¥0」はカードローン審査合格の翌日から30日間は利用限度額一杯まで借り入れても金利がかかりません。

 

つまり、100万円借りても30日以内に返済すればタダで借り入れができるということです。

 

「180日間金利¥0」は、審査合格の翌日から180日間は5万円以下の借り入れに関しては何回借り入れと返済を繰り返しても金利がかからないというサービスです。

 

この金利無料サービスは、一般用のレイクだけでなく主婦やOL専用のレディースレイクでも採用されています。

 

 

提携ATMの利用手数料が無料

レイクの借り入れや返済はネットやATMから行なうことができます。

 

ATMはレイクATMから行なうことができますが、全国のコンビニATMからも手数料無料で行なうことができます。

 

提携ATMはセブン銀行、ローソンATMを始め、ファミリーマート、サークルKサンクス、ポプラ、スリーエフなどに設置されているイーネットATMなどがあります。

 

 

レイクのデメリットとは?

一番のデメリットは金利が高いことです。

 

一般的な銀行カードローンの実質年利は4%台から14%台程度なのですが、レイクやレディースレイクの金利は4.0%〜18.0%なので、最高金利が高いことが判ります。

 

消費者金融並の高い金利なので、この点が残念です。

新生銀行レディースレイクの借入れ条件は?

金利 4.5%〜18.0%(実質年率)
限度額 1万円〜500万円
融資時間 申込み完了時に表示

スマホだけで申し込み・契約可能

本人確認もスマホやメールでOK

安定収入があれば主婦もOK

矢印