【マネカリ】

アコムとプロミスどちらがおすすめ?審査はどう?

「土日にどうしてもお金を借りたいんですが…」「今日中にお金が必要なので即日借りれるところがありますか?」大手消費者金融のアコムとプロミスなら即日で借りることもできます。審査や金利を考えたときアコムとプロミスどちらがいいのかお悩みの方はまずアコムから申し込んで見てはいかがでしょうか。

お急ぎの方は⇒アコム公式へ

※それぞれ条件が違いますので、借入れ前にご確認ください。

↓お急ぎの方はこちらから

アコム プロミス
アコムカード プロミスカード
アコムの審査は最短なら30分で回答。借入れまでの時間もスムーズにいけば1時間で完了!土日祝日でも即日融資可能。

アコム公式へ

プロミスの審査は最短なら30分で回答。カードレスでも契約が可能なので誰にもバレずに借りたいという方にも選ばれています。

プロミス公式へ

アコムとプロミスどっちがいい?


消費者金融は初めてカードローンを利用する方や、今すぐお金を借りたい方におすすめです。

とは言え消費者金融は多数ありますので、どれを選んだら良いのか迷いますよね。

ここでご紹介するのはアコムとプロミスです。

どちらも最短30分という早さで審査結果が分かりますし、融資までも最短1時間で受け取ることができます。

契約がはじめてなら30日間の無利息サービスも利用することが可能です。

カードローンの利用は、どこの会社でも仕組みはあまり変わりません。

ですが、利用条件やサービスの違いで変わる所もありますので、詳しくみていきたいと思います。

アコム公式へ

アコムとプロミス無利息期間はどっちがいい?


消費者金融は一定期間の利息が無利息になるサービスを行っているところが多くあります。

実は各社によって利用条件が異なりますので、ここではアコムとプロミスについて見ていきたいと思います。

【アコムの無利息サービス利用条件】
・アコムの契約がはじめて
・返済期日「35日ごと」で契約
・無担保カードローンを利用する

アコムの「30日間金利0円サービス」が適用されるのは、契約日の翌日から30日間となっています。決して借入日の翌日からではありませんので注意が必要です。

【プロミスの無利息サービス利用条件】
・プロミスの契約がはじめて
・メールアドレスの登録
・WEB明細を利用する

プロミスの「30日間無利息サービス」は、初回借入日の翌日から30日間となっていますので、期間を無駄にすることなく利用できます。

アコム公式へ

アコムとプロミス金利はどっちがいい?


消費者金融でお金を借りたら、返済額と共に金利を支払う必要があります。

アコムの金利は3.0%~18.0%ですが、プロミスの金利は4.5%~17.8%と上限金利がプロミスの方が低くなっています。

借入限度額が多いほど金利は低くなりますが、下限金利を利用するにはアコムなら800万円、プロミスなら500万円の借り入れをしないといけません。

ですが、消費者金融は総量規制の対象になっていますので、年収の3分の1までしか借り入れができません。

はじめて借り入れする方は主に上限金利が適応されますので、18.0%のアコムより17.8%のプロミスの方が若干ですが利息が安く利用できます。

アコム公式へ

アコムとプロミス審査基準はどっちがいい?


カードローンの審査基準というのは各社によって内容が異なります。

詳しい審査基準はアコムやプロミスも内容は非公開ですのでわかりません。

ですが、基本的な審査は共通しますのでご紹介します。

・年収
審査する上で年収は重要なポイントです。

返済能力あることが前提ですので、満20歳以上で安定した収入が毎月あれば正社員はもちろん、アルバイトやパートをしている主婦や学生の方でも審査に通ることができます。

・勤続年収
勤務先や勤続年数は必ずチェックされます。

勤続年数が長いと安定した収入があると見られますが、1年程度の勤続年数だった場合は審査が不利になってしまいます。

・他社借入件数や借入額
他社借入件数や借入額が多くなると返済能力が低いと判断されてしまいます。ですので、審査をスムーズにしたい方は3件以上の借り入れはしないようにしましょう。

・信用情報
信用情報というのは信用情報機関で管理されている、個人のローンやクレジットカードの利用記録のことです。

消費者金融の審査では過去に金融事故を起こしていないか、信用情報機関で申込者の信用情報を確認する事ができます。

信用情報機関には契約状況や延滞の情報などが全て記録されていますので、事故記録が残っている人は審査に落ちる原因になってしまいます。

アコム公式へ

アコムとプロミス無人契約機はどっちがいい?


無人契約機というのはタッチパネルを操作するだけで、誰にも会わずに申し込みからカード発行まで、スムーズに契約手続きを行う事ができます。

アコムやプロミスの無人契約機では申し込みから契約手続き、カード発行まで行えますが、無人契約機で申し込みから行うと、その場で審査を待つ時間が長くなってしまいます。

ですが、先にインターネットで申し込みをしてから、審査に通った後に最寄りの無人契約機に向かうと、審査時間を待つことなくカードが受け取れます。

無人契約機にはATMも併設してありますので、すぐにお金を借りることもできます。

アコムの無人契約機は8時~22時まで営業しています。一部の店舗は営業時間が異なりますが、土日や祝日も営業していますので利用しやすいです。

他にも三菱UFJ銀行内に設置してある、アコム用のカードローンコーナーでも申し込みやカード発行ができます。

プロミスの自動契約機は9時~22時まで営業していますが、一部の店舗では営業時間が異なりますので、事前に公式サイトで確認しておきましょう。

また、プロミスは三井住友銀行ローン契約機(ACM)からでも、申し込みやカードを発行することができます。

アコム公式へ

アコムのメリットとデメリットは?


【アコムのメリット】
・最短30分で審査結果がわかる
アコムの審査は最短30分で結果が分かります。申し込みした時間によって審査時間は異なりますが、土日・祝日も平日と変わらない審査方法となっています。

・最大30日間の無利息サービス
はじめてアコムを契約する方なら、最大30日間も金利が0円になる無利息サービスが受けれます。契約した翌日から30日間利用できますので、その間は利息が0円で返済が可能です。

・最短1時間で即日融資が可能
平日14時までにアコムの契約と振込手続きを行えば、最短1時間で即日融資が可能となっています。急にお金に困った方でも安心して利用できます。

・楽天銀行ならいつでも最短1分で振込
楽天銀行の口座を持っていると、最短1分で振込融資を受けることができます。インターネットや電話から24時間365日いつでも申し込みする事が可能です。

【アコムのデメリット】
・金利が高い
アコムの金利は3.0%~18.0%となっていて消費者金融の中では平均的ですが、銀行カードローンの金利と比べてしまうと高く感じます。

・総量規制の対象
消費者金融は総量規制の対象となるため、アコムも年収の3分の1以上の借入ができなくなっています。

・提携ATMの手数料は有料
アコムATMの手数料は無料で利用できますが、コンビニなどの提携ATMで借り入れや返済をすると手数料がかかります。

アコム公式へ

プロミスのメリットとデメリットは?


【プロミスのメリット】
・30日間の無利息サービス
プロミスをはじめて契約する方で、メールアドレスとWEB明細の登録をすると、借り入れを初めてした日の翌日から、30日間は金利が0円で返済することができます。

・審査は最短30分
プロミスの審査は最短30分ですので、申し込みから融資まで最短1時間程度で終わらせることも可能です。ですが、審査中に問題があったり、申し込みした時間帯によって長くなる事もあります。

・WEB完結でカードレス・郵送物なし
WEB完結だと24時間365日いつでも申し込みする事ができます。郵送物なし・カードレスですので、誰かにばれる心配もありません。

・瞬フリだと10秒で振り込みが完了
三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていれば、プロミスに振込みの依頼をしてから10秒で口座にお金を振込んでもらえます。

【プロミスのデメリット】
・金利が高い
プロミスの金利は4.5~17.8%です。銀行カードローンの金利と比べると高くなっています。

・総量規制の対象
プロミスは総量規制の対象ですので、年収の3分の1以上の借り入れはできません。

・提携ATMの手数料は有料
プロミスATMや三井住友銀行を利用すれば手数料は0円です。ですが、コンビニなどの提携ATMでの借り入れや返済の手数料は有料となっています。

アコムとプロミス使いやすさはどっちがいい?


消費者金融のカードローンを利用するなら、使いやすいのを選びたいですよね。

アコムとプロミスならどちらが使いやすいのでしょうか。

・申し込み方法
アコムやプロミスの申し込み方法は、店頭窓口、自動契約機、インターネットなどから選ぶことができます。

今すぐにお金を借りたい方は、インターネットで申し込みをしてから、自動契約機で契約手続きやカードの発行を行うと、併設してあるATMからすぐに融資が受けれます。

・即日融資
アコムやプロミスの審査時間は最短30分ですし、融資までも最短1時間ですので、即日融資が可能になっています。

アコムだと楽天銀行の口座を持っていれば、土日や祝日でも融資を受けれます。

また、プロミスは三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持っていると、土日や祝日でも24時間いつでも10秒で融資が受けれる「瞬フリ」が利用できます。

・返済方法
アコムやプロミスの返済方法はインターネット、ATM、銀行振り込み、口座振替、店頭窓口から行うことができます。

アコムの返済日は前回返済した日の翌日から、35日後が次回の返済期限となる「35日ごと」や、毎月の指定日を希望できる「毎月払い」があります。

口座振替の場合だと毎月6日に自動で引き落されます。また、アコムは支払い期間が短いので、結果的に利息が小さくなることが多いです。

プロミスの返済日は毎月、5日、15日、25日、末日から選択ができます。ですが、三井住友銀行やジャパンネット銀行以外の口座振替を利用して返済する場合は、返済日が毎月5日固定になります。

月々の最低支払額がプロミスは安いですが、最低額だけの支払いが長引くと、利息が大きくなってしまいます。

アコム公式へ

アコムとプロミスどっちがおすすめのまとめ


消費者金融の大手であるアコムやプロミスは最短30分で審査結果が出ますし、融資までも最短1時間という早さですので、申し込みしたその日にお金を借り入れする事ができます。

アコムやプロミスはどちらも利便性が高いですが、よりおすすめなのはアコムです。

インターネットで申し込みや契約をした後に、自動契約機むじんくんでカードを発行すれば併設してあるATMからお金を引き出せます。

銀行振込みにすれば手数料無料で、土日や祝日でも24時間いつでも申し込みができますし、楽天銀行にすると最短1分で振込融資が完了しますのでおすすめです。

アコム公式へ


【マネカリ】 > アコム > アコムとプロミスどちらがおすすめ?審査はどう?