【マネカリ】主婦カードローン審査・即日借り入れまとめ

車検ローン審査通らない!どこで借りれる?【車検費用のローン借入】

「車検の費用が高い!」「車検切れまでに数日しかないのに費用が用意できない…」という時はどうしたらいいでしょう。車検ローンを借りるという方法もありますが、銀行で借りられる車検ローンは審査が厳しい上に、融資を受けられるのに早くても2週間ほどかかるそうです。そんな時には、カードローンという手もあります。特に
プロミスなどのカードローンなら最短即日融資も可能なうえ、今なら30日間無金利サービスも実施中ですので、借りやすくなっていますよ。本人確認の書類として運転免許証があれば大丈夫です。

↓お急ぎの方は公式で今すぐ申込み!

プロミス
プロミスカード

プロミスは、最短なら即日審査、即日融資も可能。車検にも利用できます。審査も比較的厳しくなく、主婦の方でも、パートやアルバイトで安定した収入があれば、自分名義で申し込みができます。しかも、はじめてなら30日間無利息※。繰り上げ返済や一括払いを利用すればさらに少ない金利で借りられます。

プロミス公式へ

※無利息にするには、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

車検ローンとは?

車検を受けるには、だいたい10万円以上かかってしまうので、今回車検に払うだけのお金を用意するのは正直しんどいですよね。

この時、車検ローンで借りるという方法もありますが、実は、車検ローンという商品は存在しないのです。

これは、一般的に自動車ローンやマイカーローンと呼ばれているものですが、自動車の購入等の他に、車検にも利用できるということで車検ローンとも呼ばれています。

そして、車検ローン(自動車ローン)を借りるためには、審査に合格しないといけませんが、その審査はなかなか厳しい上に、審査結果が出るまで遅い時には1ヵ月ほどもかかってしまうそうです。

絶対に、そんな厳しい車検ローン審査に通らない!車検までの日数があまりない!という方は困ってしまいます。

そんな時は、諦めるしかないのでしょうか?

でも、車検切れの車を運転して見つかってしまったら、一発で免停になってしまうので、絶対に車検を受ける必要があります。

車検ローンが通らない時、車検までに日がない時はどうすればいい?

車検ローン審査は厳しくて、審査に通るまでの日数も遅くなれば1ヵ月ほどかかってしまうなんて、車検までにお金を用意できないと途方にくれてしまうかもしれませんね。

何かいい方法はないのかと思いますが、実はあります!

こんな時におすすめできるローンは、消費者金融のプロミスです。

消費者金融プロミスなら審査も比較的通りやすくなっていますので、審査に落ちてしまうという心配もしなくていいのですよ。

確かに、プロミスにもデメリットはあります。

それは審査に通りやすい分、平均的な車検ローンに比べて金利が高くなっているということです。

しかし今なら、メールアドレス登録とWEB明細を利用することで、30日間無利息で借り入れすることができます。

30日間は金利を払わずに借り入れができるので、例えば、この間に繰り上げ返済などをして出来るだけ返しておけば、金利面でもかなり有利になってくるでしょう。

そしてプロミスをおすすめする、もう一つのポイントは、審査結果も最短なら即日で出て、スムーズに行けばその日の内に融資を受けることも可能なのです。

これなら、車検までに数日しかないという方でも、十分に間に合わすことができますね。

プロミス公式ボタン

車検ローンQ&A

車検というのは現金で分割にはできないものですか?

車検の費用には、法定費用と整備費用があります。法定費用というのは、自賠責保険料や重量税、検査手数料などです。法定費用に関しては現金で一括払いが原則です。これは、軽自動車と普通自動車で違いはありますが、3万~6万円ほどかかります。整備費用に関しては、相談すれば分割にしてもらえる可能性はあります。

車検ローンというのは、どこで借りることが出来ますか?

車検ローンというのは正式には、自動車ローン、マイカーローンというローンのことです。銀行や共済組合、信用金庫などで借りることが出来ます。金利は低めになっていますが、融資を受けるまでに数週間かかってしまうという欠点もあります。また、審査を受けるために必要な書類もいくつか用意しなけれないので、少々手間がかかるでしょう。

車検のローン審査は通ったか通らなかったか分かるのにどのくらいかかりますか?

車検ローン審査に必要な日数は、2、3週間~1ヵ月と言われています。それに比べ、プロミスなどのカードローンは、最短なら即日で審査結果が判明し、借り入れすることができるので急を要する時にも便利です。

車検ローン組めない時には、違う銀行のローンを受けても大丈夫でしょうか?

一度、車検ローンに落ちてしまうと他の車検ローンを受けたとしても、また落ちてしまう可能性は高いでしょう。それは、あなたがすでに他の車検ローンに落ちてしまったことが他の銀行にも知られてしまうからです。一度落ちてしまった人を合格させるというのは銀行側は危惧します。車検ローンに通らなかったなら、カードローンがおすすめです。審査も車検ローンよりやさしめですので、借りることが出来るかもしれません。

車検ローンに必要な書類はどんなものがありますか?

運転免許証、健康保険証などの本人確認書類のほか、源泉徴収票または確定申告書などの所得証明書、車検の見積書などが必要です。

車検ローンの審査基準は?

車検ローンが通るか心配な方、または、車検まで日がなくお急ぎの方には、消費者金融のプロミスがおすすめだとお伝えしました。

では、プロミスの審査基準はどうなっているのかと言えば、思いのほか緩くなっていて、プロミスのホームページにも「20歳以上69歳以下で安定した収入のある方」ということになっています。

ですが、現実ではこの条件に当てはまっている方でも審査に落ちてしまう人がいるようです。

プロミスでは正式に公表はしていませんが、実際に審査に通らなかった人の口コミなどから分析しますと、落ちてしまった方には、いくつかの共通点があるようです。

その共通点を見てみましょう。

◆プロミス審査に落ちてしまった理由

・プロミスで借りる前に、すでに年収の3分の1以上の借り入れがある

・プロミスで借入する金額と、すでに借りている金額の合計が年収の3分の1以上になる

・他の消費者金融からの借入件数が多い

・数年の間に、ローンの延滞や強制解約、債務整理、自己破産などをした

これらのことで分かることは、借り入れ金額と借り入れ件数、信用度が重要だということです。

つまり、借り入れ額と借り入れ件数はできるだけ少なく、必ず返済日を守ってきちんと返済してくれるという信用度が高い人ほど審査に通る確率が高くなるということです。

また、年収額については言及していませんが、車検費用として10万円ほど借りる程度なら、パート・アルバイトの年収があれば十分だと思います。

プロミス公式ボタン

車検ローン審査に通るコツは?

プロミス審査基準を見てみれば、どんな人が審査に落ちてしまうのかだいたいお分かりいただけたと思います。

今度は、審査に通りやすくするコツを見てみますので、無事に車検を受けられるためにもぜひ参考にしてください。

■ 同時に他の金融機関の審査に申し込まない

なぜ同時に他の金融機関に申し込んだらダメなのでしょう。

それは、短期間のうちにいくつも申し込んでしまうとプロミスにかなりお金に困っている人、返済も難しい人と思われてしまうからです。

それで、審査に落とされてしまう可能性が高くなるのです。

申し込むのはプロミスだけにしておきましょう。

■ 申込書フォームは正直にそして正確に記入する

申込書フォームの、お客さま情報、自宅情報、勤務先情報、お借入れについてを記入する際に、絶対に嘘を申告するのはやめましょう。

また、嘘をつくつもりはなくても、誤字や脱字など間違った情報を記入してしまうと審査に通らなくなることもありますので注意してください。

■ 必要書類に不備がないように提出する

プロミス審査では、必要書類の提出がありますが、Eメールやアップロード、スマホアプリなどで送信する方法が簡単でおすすめです。

今回のように、10万円ほど借りる場合には、収入証明書類も必要ありませんし、本人確認書類も運転免許証だけあれば大丈夫です。

運転免許証を撮影する時の注意点なのですが、書かれてある文字がきちんと読めるか、ということを確認して撮影するようにしましょう。

もし入り切らない場合には、複数枚に分けて撮影するようにしましょう。

きちんと撮影されてない場合には、再度提出するようになるので審査が終わるのが遅くなってしまうでしょう。

■ 在籍確認ができる時間帯に審査を申し込む

審査で行われるもので、在籍確認というものがあります。

これは、申し込み者の職場に直接電話をかけて、本人が本当にそこで働いているのか確認するという作業です。

しかし、プロミススタッフが職場に電話をかけても取る人が全然いない時間帯だと、上手く在籍確認ができなかったということで、審査結果が出るのが遅くなってしまうか、最悪の場合、審査に落とされてしまうこともあるのです。

■ 希望借入額は10万円程度にしておく

必然的に、希望借入額が低い方が審査に通りやすくなります。

ですから、審査に合格したいのなら希望借入額を出来るだけ低く設定しておくといいでしょう。

プロミス公式ボタン

プロミスを車検ローンとして利用するメリットとデメリット

◆メリット

◎初回限定、30日間無利息サービスあり

◎最短なら即日審査、即日融資が可能だから車検に間に合う

◎来店不要で申し込みから借り入れまで出来る

◎最短10秒で振り込みキャッシングも可能

◎コンビ二提携ATMやネットからいつでも返済できる

◎車検以外のことにも使える

今なら初めて借り入れをする方限定で、30日間無利息で借りることができてお得です。

また、最短なら当日に借り入れまで出来ますから、車検切れが差し迫った方でも資金を調達することが出来るでしょう。

申し込みから借り入れまで全てネットからできるWEB完結ですので、来店する時間がないという方にもおすすめです。

契約が完了し、銀行口座を指定することができなら、最短10秒で振り込んでもらえますよ。

この早さは業界の中でもトップクラスでしょう。

返済方法もインターネットや口座振替、コンビ二提携ATMなどいくつかあり、ご自分に合った方法で返済することができます。

特にインターネット返済なら、土日祝日、24時間いつでも返済することが出来るのです。

また、車検ローンは、自動車関係のことにしか利用できないことになっていますが、プロミスで借入したお金は、他の事にも利用することができますので、今回の車検だけではなくいろんなものに利用することも可能なのです。

◆デメリット

×金利が高い

×年収の3分の1以上の借り入れはできない

プロミスのデメリットとして挙げられるのは、金利が車検ローンよりも少し高いということでしょうか。

しかし、30日間無利息サービスもありますし、繰上げ返済や一括返済もできますので、あまり返済を長引かせないようにするなら金利のことはそんなに気にすることはないでしょう。

年収の3分の1以上の借り入れは出来ませんが、そもそも車検には10万円ほどしか必要ありませんので、十分に賄うことが出来るでしょう。

これらのことを考えると、車検ローンとしてプロミスを借りるのは、借りやすくて返しやすく、最短ならその日の内に借り入れも出来ますので、十分に使えるローンと言えるのではないでしょうか。

プロミスカード
プロミスデータ

公式ボタン


【マネカリ】主婦カードローン審査・即日借り入れまとめ > 自動車ローン > 車検ローン審査通らない!どこで借りれる?【車検費用のローン借入】