【マネカリ】主婦カードローン審査・即日借り入れまとめ

モビット審査って?借り方と審査の流れ【主婦借り入れOK】

まずはじめに、モビットは兼業主婦の方でも借りられるカードローンです。スマホやパソコンからWeb申し込みでき、郵送物などもないですから夫にも内緒で借りられますよ!口座振込みやコンビニ提携ATMなどで気軽に借りることが出来ます。

 

↓お急ぎの方は、モビットに今すぐお申込みできます!

 

モビット
モビットカード
モビットは、スマホやパソコンからWeb完結で手続きできますので、夫や家族にバレません!また、カード発行なし、職場への電話をなしにしてもらうことも出来ます※

モビット公式へ

※三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っている、全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)もしくは組合保険証を持っていること

 

モビットの審査の評判?主婦も借り入れ可能?

日本には数多くの甘い口コミや評判のいい消費者金融会社がありますが、その中でも知名度が高いのがモビット。

モビットとは、大手銀行である三井住友銀行グループの消費者金融会社。安心して利用できると口コミで評価が高い金融会社です。

消費者金融と言っても様々ありますが、モビットはカードローンの中でも歴史が長く、多くの人から支持されているカードローンです。

こちらでは、モビットの審査が甘いのか?厳しいのか?について徹底的に調査したのでご紹介します。

モビットの審査基準は?【審査時間はどう?】

キャッシングやカードローンを利用する場合、まず審査に通らなければいけません。

お金を借りる以上、借りたお金を返してくれる人だと金融会社に信用してもらわなければいけないからです。

ネットでは色々な口コミがありますが、実際のところはどうなのでしょうか。はたして主婦や専業主婦にとっても審査はどうなのか?、そもそも借り入れは可能なのか?

どんな点に気をつけたら審査が通るのか気になる方は多いと思うので、私と同じ主婦の方は、ぜひ以下の項目を参考にしてもらえたら嬉しいです。

審査基準は?

消費者金融は銀行と比べると審査が早く、口コミや評判も良いため人気があるようですが、決して誰でも借りれるわけではありません。

他社借入の件数が多い場合や、現在どういう状況におかれている人なのかによって、モビットが利用できない。

主婦でも借入できるかどうかですが、特に金銭トラブルを起こした過去もなく、現在借入れているものもなければ、とりあえず申し込みしてみるのがおすすめです。

なぜなら、モビットは通常では通りづらいアルバイトやパート社員でも申込みOK。毎月安定した収入があり、しっかり返済能力があることが分かれば大丈夫なようです。

モビット公式サイトへ

モビット審査はパート主婦は?【専業主婦はどう?】

モビットは三井住友銀行グループの会社ですが、消費者金融なので総量規制の対象となります。

総量規制とは、年収の3分の1までの貸付しか行なえないという法律上の決まり。なので、無収入の専業主婦は残念ながらモビットの申込条件を満たすことができません。

ちなみにモビットでは、申込条件として以下の条件を掲げています。

申込条件はこちら
  • 年齢満20歳~69歳以下の安定した収入のある方
    (アルバイト、派遣社員、パート、自営業者もOK)

どうしても専業主婦の方がモビットを利用したいのであれば、まずはアルバイトやパートを始められるのが一番良い方法ではないでしょうか。

もしお子供さんが小さかったり、介護などでどうしても働けないけれどお金を借りたいという場合には、バンクイックなどの銀行カードローンを選択するのがいいかもしれません。

モビットの審査時間はどのくらい?

モビットは、最短30分で結果が分かるスピード審査。

もちろんこれは「最短」なので、申込者に他社借入があったり何かしら金銭トラブルがあれば、時間は長くなるようです。

また、申し込む曜日や時間帯によっては混雑する可能性もあり、そうなると翌日以降の取扱となる場合があります。

それでも即日融資にも対応しているモビットなので、比較的空いている夜中にWeb申込みしてから翌朝借り入れる、という方法が一番手続きが早いのではないでしょうか。

モビット公式サイトへ

モビットの審査って?【よくあるQ&A】

モビットの審査って口コミでは甘いらしいんですが、だいたいどのくらいで結果が分かりますか?

モビットでは、最短約30分で審査結果が分かります。

ただし、申し込みする曜日や時間帯によっては混雑するため、翌日以降になる場合もあるのでご注意を。

また、モビットの審査受付時間は9時~21時まで。この時間帯以外の申込みは翌営業日以降の回答になるので、早めの申込みをおすすめします。

モビットの審査が甘いっていう噂は本当ですか?

ネットの口コミで多いのが「審査が甘い」という評判ですよね。

実際モビットを利用した経験のある方のリアルな口コミをまとめると、確かに甘いのかも?という印象を受けます。

ただし、カードローンで「甘い」という評判を聞くと、誰でも気軽に借入れできそうだと思ってしまいがちですが、決してそうではありません。

他社借入の有無や返済能力、勤続年数などをチェックして総合的に判断しているようです。

ちなみに、モビットでは「お勤め先確認の際に電話確認なし」となっているため、審査が甘いのでは?と噂されるのかもしれません。

モビットでお金を借りようかと思ってます。申込みの流れを教えて下さい。

モビットの申込みで一番評判が良いのがWEB完結申込みなので、こちらでは申込みから借入れまでの流れを分かりやすくご紹介しますね。

  • 1.パソコンやスマホからモビットに申し込み
  • 2.審査完了後、審査結果の連絡が来る
  • 3.パソコンやスマホで入会手続き

Webからの申込みだと、上記3つの項目で簡単に申し込みできるので便利です。

電話連絡や郵送物もなく、カードレスですぐに借入可能となっています。

モビット審査は甘い?厳しい?【メリット・デメリットを解説】

モビットのメリットは?

10秒で簡易審査結果表示

モビットの公式サイトにある10秒簡易審査。

「生年月日」「税込年収」「現在他社借入金額」の3つを入力するだけで、借入れ可能かどうかすぐに判断され結果が表示されるという便利なサービスです。

即日融資にも対応

モビットは、パソコンやスマホを使ってWebから申し込むと、最短30分ですぐに審査が完了します。

スピード審査が実現可能なのは、モビットがそれまで蓄積してきたデータを活用したスコアリングシステムを採用しているからだそうです。

※申し込む曜日や時間帯によっては、翌日以降の取扱となる場合あり。

※当日融資には14:50までの振込手続完了が必要。審査結果によっては、ご希望に沿えないケースあり。

お勤め先確認の際に電話連絡なし

カードローン利用時に気になるのが、在籍確認の電話。

職場への電話連絡により借金がバレないか不安な方は多いと思います。

そんな中、モビットでは条件付きで「お勤め先確認の際に電話確認なし」としています。

WEB完結で申込可能な条件はこちら
  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があり、その口座を振込融資に利用する
  • 本人確認書類を提出する
  • 収入証明書類を提出する
  • 勤務先を確認できる書類を提出する

※上記の条件を満たせない場合は「カード申込み」からの申込みになり、カードレス契約はできないのでご注意ください。

最大限度額が大きい

モビットのカードローンは、最大限度額が800万円と高額。

他社ローンを利用中の方の中には、残高がどうなっているのか分かりづらいという事もあるかと思いますが、そんな方には最大限度額が大きいモビットでローンの一本化をしてみてはいかがでしょうか。

ローンを一つにまとめることで利率も一本化できるため、場合によっては返済の負担が減り楽になります。

手数料は基本的にかからず、入会金・年会費ともに無料でできるのでおすすめです。

Web申込みなら郵送物なし

モビットのWEB完結申込みならすべての手続きがネットで完了し、銀行振込による借入となるため、カード発行もなければ郵送物も自宅に届くことがありません。

家族と同居している場合はカードローンの利用がバレないか心配になりますが、郵送物がなければ安心ですね。

※WEB完結以外の申込方法では、モビットカードと入会申込書などが自宅に送付されます。

モビット公式サイトへ

モビットのデメリットは?

総量規制の対象になる

三井住友銀行グループの傘下にあるため、総量規制の対象外では?と思われる方が多いようですが、モビットは銀行が運営しているわけではありません。

モビットは消費者金融であり総量規制の対象。そのため、毎月安定した収入がなければ申し込みできません。

もちろん安定した収入さえあれば年収の多さは関係なく、パートやアルバイト、派遣社員や自営業者、アルバイト収入のある学生でも申込みが可能。

ただし、収入のない専業主婦や年金受給者(年金以外の収入がない方)は申込みできません。配偶者に収入があっても借入れできないので注意して下さい。

初回でも無利息期間なし

消費者金融でよく見かける30日間無利息サービスですが、残念ながらモビットでは行なっていません。

一定期間金利が0円になるサービスはとても人気ですが、10万円借り入れた場合の30日間の利息は1479円。驚くほど高いということはないので、無利息期間がなくても大きなデメリットとは言えないかもしれません。

金利が高め

銀行カードローンと比較すると高金利の部類に入りますが、実は他社の消費者金融と比較すると、年3.0%~18.0%という数字は一般的な金利です。

金利が高い分、即日融資にも対応していたり審査がやや甘いかも?と言ったメリットもあるので、一長一短と言えるのではないでしょうか。

返済時に手数料がかかる

モビットは、提携ATMやCDを利用する際にのみ、取引金額によって手数料がかかってしまいます。1万円以下で105円、1万円超で210円の手数料がかかります。

それほど負担になる額ではないと思われがちですが、手数料が安いからと何度もやり取りしていると、手数料もバカにできない額となるのでご注意を。

モビットの審査に通るコツは?【必要書類をチェック】

モビットの契約時には、いくつか書類が必要になります。

申込時にはきちんと説明がありますが、事前にひと通りチェックしておくことをおすすめします。

また、こちらではモビット契約後に郵送される書類についてもまとめましたので、そちらもチェックしておいて下さい。

モビットに提出する必要書類とは?

モビットの審査に必要な書類は、「本人確認書類」と現在の収入を証明する「収入証明書類」の2つです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 健康保険証の写し
  • パスポートの写し
収入証明書類
  • 源泉徴収票の写し
  • 税額通知書の写し
  • 所得証明書の写し
  • 確定申告書の写し
  • 給与明細書の写し(直近2カ月分+1年分の賞与明細書)

モビットは簡単に申込みできるといっても、必要なものが揃っていなければどうしようもありません。

いざ利用しようと思った時、「書類がなかったから契約できない…」ということがないように気をつけてください。

モビット契約後に送られてくる書類は、入会申込書、契約内容確認書、預金口座振替依頼書、会員規約、モビットカードがあります。

この他にも書類はありますが、案内が目的のものです。重要書類はなくしてしまうと後で面倒なことになるので、紛失しないよう気をつけてください。

ちなみに、郵送される書類は契約方法によって変わります。

モビット公式サイトへ

モビットまとめ【WEB完結できるから審査ってどう?】

モビットは、インターネット上で申し込むとすぐに結果が分かるスピード審査。パソコンに限らずスマートフォンからも利用でき、10秒で簡易審査結果表示されます。

これならお金が急に必要になった時でも安心ですね。

もちろん、ネット以外でも「モビットローン申込機」という自動申込機から申し込むこともできます。

その他、モビットの会員になればインターネットから様々なサービスが受けられるようになり、とても便利になります。

その中の一つとして、モビット公式サイトには返済計画が簡単にできる返済シミュレーションが用意されています。

これからモビットを利用しようと思っている人は、無理のない返済プランで利用できるように、しっかり考えて借りるようにしてください。

ちなみに、モビットという名前の由来は「Mobile」「Money」の「Mo」とBit(データ単位)を組み合わせた造語となっています。

モビットの融資条件はこちら

モビットの借入条件
お申込条件 満20才~69才の安定した収入のある方(当社基準を満たす方)
アルバイト、パート、自営業者も利用可能。
融資限度額 1万円~800万円
借入利率(実質年率) 3.0%~18.0%
担保・連帯保証人 必要ありません
必要書類 運転免許証(ない方は健康保険証など)
返済方式 借入後残高スライド元利定額返済方式
返済期間・回数 最長8年10ヶ月・最大106回
遅延損害金(年率) 20.0%

モビットの申し込みはWEB完結が簡単便利!

モビット
モビット公式サイトへ

【マネカリ】主婦カードローン審査・即日借り入れまとめ > モビット > モビット審査って?借り方と審査の流れ【主婦借り入れOK】